注文住宅で夢のマイホームを実現「一級建築士の力」

積み木

土地選びのポイント

ハウス

閑静な場所に住みたいなら

神奈川県で注文住宅を建てるという場合、土地選びを行う必要があります。神奈川県内に土地をすでに所有しているという以外は、注文住宅を建てる為の土地を買う事となるのです。注文住宅は土地の購入代から、家を建てる費用など高額が費用がかかります。ですので、多くの方は一生住むマイホームを作るつもりで、注文住宅を建てるのです。マイホームを建てる場所の条件として、閑静な場所を希望する方は少なくありません。商業施設が近いエリアはお買い物などに便利ですが、にぎやかな場所は騒音問題が起こりやすいというイメージがあります。神奈川県内でも人通りが多いエリアもあれば、静かな住宅街となっているエリアもあるので、注文住宅を建てる場合はチェックしてみましょう。ただ、街の様子は5年・10年で、ガラリと変わってしまうケースも少なくありません。久しぶりに訪れた街が、大きく様変わりして驚いた経験を持つ方も、多いのではないでしょうか。閑静な住宅街と思っていたのに、大型商業施設が近くに出来て騒がしくなったという話は良くあります。建物はむやみに建てられるのではなく、計画やプラン、そのエリアの性格に合わせて建築されていくのです。神奈川県内で静かな場所に注文住宅を建てたいなら、第一種低層住居専用地域や、第二種低層住居専用地域を選択しましょう。これらに指定されている地域は、基本的に住宅や学校・病院といった公的な施設しか建てる事が出来ません。静かな環境が保たれやすいので、第一種低層住居専用地域や第二種低層住居専用地域はおすすめです。